税務調査されるケースとはに関するご相談は丸森会計事務所様(東京/千代田区)。

03-3253-9621

受付時間 9:00~17:00

営業日 土日祝日(事前にご予約いただければ、定休日でも対応可能)

お問い合わせ

税務調査されるケースとは

丸森会計事務所(東京都/千代田区)では税務調査されるケースとはに関するお悩みに対応しております。
丸森会計事務所> 税務調査されるケースとは

税務調査されるケースとは

◆課税価格が3億円以上や金融資産が1億円以上のケースは特に注意
特に、課税価格が3億円以上や金融資産が1億円以上のケースについては、被相続人の自宅に行って調査(臨宅調査)があります。臨宅調査は、通常、申告・納税した年または翌年の秋に行われます。これは、税務署側の年間スケジュールによるものです。調査対象は、主に現金・預貯金などの金融資産です。土地・建物などの不動産の申告漏れはあまりありません。しかし、現金・預貯金は、名義を簡単に変えられ、故意に隠されることもあるためです。従って、調査官は、本人名義だけでなく、家族名義の預貯金も過去5年に遡って調べ上げます。

◆ご一緒に調査に立ち合い、税務署とのやり取りをサポート致します
税務調査が入るのは、相続税申告からしばらく経ってからということもあり、相続人の方は自分だけで対応するのは不安という方が大勢いらっしゃいます。予告のない突然の税務調査は断ることができます。任意調査である以上当然のことであり、断るのに特別の理由など必要ではありません。予告なしの抜き打ち調査が常態化し、ともすれば強権的になりがちな、国税局資料調査課(リョウチョウ)による調査も、任意調査であることに変りありませんので、同様です。いったん帰ってもらいましょう。納税者と立会人の都合に合わせて、改めて調査日程を決めればいいでしょう。我々は相続人の方といっしょに調査に立ち合い、税務署とのやり取りをサポートさせて頂きます。税務署からの指摘内容については、相続人の立場に立って事実関係を確認しアドバイスをさせて頂きます。

丸森会計事務所が提供する事例・相談内容

  • 家 相続 手続き

    家を相続した場合、家は土地建物など不動産にあたりますので、相続人の名義に変更する手続...
  • 相続専門 税理士

    相続専門の税理士に求められるのは、不動産や金融商品など多種多様な財産の千体を把握し、...
  • 遺産相続の手続き

    遺産相続では、相続人の確定、相続財産総額の確定を経て、遺産分割協議により全相続人の合...
  • 遺産相続 調停

    協議で、それぞれの相続人の主張が折り合わない場合は、調停に進みますが、当事務所は弁護...
  • 相続税改正のポイント

    ◆基礎控除額の削減 相続税の課税価格の合計額から控除できる「基礎控除額」が縮小します。
  • 損失の繰越控除

    所得税又は法人税の計算について、ある年(事業年度)に生じた損失(損金)でその年の所得...
  • 期限後申告

    申告納税方式による租税の納税者は法定申告期限までに納税申告書を提出しなければならない...
  • 社長の相続

    社長が亡くなった場合は、事業承継の問題を見据えた相続が必要になります。
  • 不動産の名義変更、登記

    不動産の相続では、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きが必要...
税務調査されるケースとはに関するお悩みに対応しております。|丸森会計事務所(東京都/千代田区)
税務調査されるケースとはのご相談はお任せください。|丸森会計事務所(東京都/千代田区)