相続税改正のポイントに関するご相談は丸森会計事務所様(東京/千代田区)。

03-3253-9621

受付時間 9:00~17:00

営業日 土日祝日(事前にご予約いただければ、定休日でも対応可能)

お問い合わせ

相続税改正のポイント

丸森会計事務所(東京都/千代田区)では相続税改正のポイントに関するお悩みに対応しております。
丸森会計事務所> 相続税改正のポイント

相続税改正のポイント

◆基礎控除額の削減
相続税の課税価格の合計額から控除できる「基礎控除額」が縮小します。
つまり、
・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成26年12月31日まで
5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

平成27年1月1日以後
3,000万円+600万円×法定相続人の数
・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆税率区分の変更と最高税率の引き上げ
各相続人の法定相続分に応じる取得金額に対する最高税率を50%から55%となり、税率段階が6段階から8段階と細分化されることになりました。つまり、同じ課税評価額でも納める税金が多くなる可能性もあります。

この税制改正により、例えば、
夫、妻、子ども2人で、相続財産の総額が1億円であるケースの場合、
従来であれば、相続税の総額150万円であったのが、2015年以降は、相続税の総額555万円となる場合もあるのです。
※※配偶者は、配偶者特別控除により非課税になるため、上記のケースは子ども2人が納める相続税の総額

また、「小規模宅地の特例」の厳格化により、従来なら無税だった人たちの間でも相続税が発生ケースもあったり、軽減されていた相続税が新たに発生するケースも想定されています。

小規模宅地等の特例には、自宅の敷地に対するものと事業用地に対するものがあります。例えば、最も適用件数が多い「被相続人の自宅の敷地」については、下記の事例のように240平米(※)まで80%減額されます。
※平成27年1月1日以降に発生した相続については330平米まで

【事例】
自宅の敷地が1平米30万円で250平米の場合

平成26年12月31日までの相続:
土地の価額 30万円×250平米=7500万円
小規模宅地等の特例の減額 30万円×80%×240平米=5760万円
相続税の計算における土地の価額 7500万円-5760万円=1740万円

平成27年1月1日以降の相続:
土地の価額 30万円×250平米=7500万円
小規模宅地等の特例の減額 30万円×80%×250平米=6000万円
相続税の計算における土地の価額 7500万円-6000万円=1500万円

土地の価額は7500万円のところ、相続税の計算上は1740万円もしくは1500万円でよい、というものです。非常に大きな減額です。

丸森会計事務所が提供する事例・相談内容

  • 納税準備預金

    租税の納付に充てることを目的として銀行等の金融機関に預けられた預金のこと
  • 相続税 相続人

    相続税は、相続人の数により変わります。
  • 税務調査とは

    ◆税務調査とは 税務調査とは相続税の申告後に申告漏れなどがないか、税務署が実際に相続...
  • 数次相続

    被相続人死亡後にすぐに、ある相続人が死亡すると数次相続が発生します。被相続人の「遺産...
  • 登記 相続

    登記簿は、所有する土地の所有者や権利関係を、誰もが参照できるようにするための者です。...
  • 事業専従者

    居住者と生計を一にする配偶者その他の親族で専らその居住者が営む事業所得等を生ずべき事...
  • 借金 相続放棄

    被相続人の借金は、相続の大きな問題です。負債が積極財産の総額を上回り相続することが相...
  • 遺産相続 所得税

    遺産相続と所得税の問題については、相続により財産を取得した個人が、不動産などの財産を...
  • 遺言 相談

    遺言は被相続人が、財産の分割についての指針を残す大切なものです。当事務所では、みなさ...
相続税改正のポイントに関するお悩みに対応しております。|丸森会計事務所(東京都/千代田区)
相続税改正のポイントのご相談はお任せください。|丸森会計事務所(東京都/千代田区)