東京、千代田区の相続放棄をはじめとした金融機関に関する手続き、お悩みは丸森会計事務所様 にご相談ください。

丸森会計事務所

03-3253-9621

受付時間 9:00~17:00

営業日 土日祝日(事前にご予約いただければ、定休日でも対応可能)

お問い合わせ

「金融機関」無料相談・電話相談

相続放棄をはじめとした金融機関に関する知識、お手続きについて御紹介します。東京都、千代田区の相続放棄をはじめとした金融機関に関するご相談をお受けしております。
丸森会計事務所> 金融機関

「金融機関」無料相談・電話相談

相続放棄

相続放棄
相続の放棄については、相続が発生してから3ヵ月の熟慮期間の間に家庭裁判所に申立する必要があります。

相続・贈与に関する税務

相続・贈与に関する税務
我々は相続税・贈与税のご相談について専門家としての知識と経験をもとにした情報を提供することが求められています。それに応えるためには常に研鑚をつむ必要があることを全員が認識し、積極的に知識の習得や業務の改善を目指しています。

相続方法

相続方法
大きく分けて、遺産の相続方法には、「単純相続」「相続放棄」「限定承認」の3つの方法が存在します。

相続 限定承認

相続 限定承認
限定承認とは、プラスの財産の範囲内で、被相続人のマイナスの財産を相続するという相続方法です。

相続財産

相続財産
相続の対象になる財産には、プラスの財産とマイナスの財産の2つの種類があります。積極財産と消極財産という言葉が使われることもあります。プラスの財産は、土地建物などの不動産、預貯金などの現金、証券・商品などの金融資産などのことで、マイナスの財産とは負債のことを指します

相続 必要書類

相続 必要書類
相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なります。相続人が複数存在する場合や相続財産に不動産が含まれる場合には必要な書類数が増えます。

借金 相続放棄

借金 相続放棄
被相続人の借金は、相続の大きな問題です。負債が積極財産の総額を上回り相続することが相続人のマイナスのなる場合には、相続放棄という選択もあります。

財産放棄の仕方

財産放棄の仕方
被相続人の財産に大きな債務が含まれているケースでは、相続人が大きな債務を背負ってしまいます。事業経営にともなうものなどで、代表として引き継ぐべきものを除けば、プラスもマイナスもすべての財産の相続を放棄するという方法をとることが可能です。

納税準備預金

納税準備預金
租税の納付に充てることを目的として銀行等の金融機関に預けられた預金のこと

不動産の名義変更

不動産の名義変更
不動産名義をせずに放置しておくと、さまざまなサラブルになることがあります。相続が確定したら、速やかに名義変更をすることをおすすめします。

丸森会計事務所が提供する事例・相談内容

  • 相続欠格

    被相続人に対して暴力を振るうなどの虐待をおこなっていた場合、被相続人は相続廃除を申し...
  • 賃貸住宅の建築

    賃貸住宅を建築されると、相続税を計算する上でその土地は「借地権割合×借家権割合」の控...
  • 相続財産

    相続の対象になる財産には、プラスの財産とマイナスの財産の2つの種類があります。積極財...
  • 戸籍 相続

    相続手続きで最初におこなう必要があるのは、相続人の確定です。そのためには、相続人がど...
  • 相続税 非課税

    平成25年度の税改正により、相続税の控除額が縮小されます。土地や建物などを所有する場...
  • 社長の相続

    社長が亡くなった場合は、事業承継の問題を見据えた相続が必要になります。
  • 再婚 相続

    再婚の場合、血縁のない連れ子には法定相続人の権利がありません。養子縁組をおこなうこと...
  • 納税準備預金

    租税の納付に充てることを目的として銀行等の金融機関に預けられた預金のこと
  • 生命保険を活用した相続対策

    生命保険は相続対策の中でも最もポピュラーな対策といえます。一般に、生命保険金を受け取...
相続放棄をはじめとした金融機関に関する知識、手続についてご紹介しています。相続放棄をはじめとした金融機関に関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
相続放棄をはじめとした金融機関の相談、手続は丸森会計事務所にお任せ下さい。